題字_utaawase_web.png

恋歌 七歌人

定家くん.png

藤原定家

ふじわらのていか

97首

来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに

焼くや藻塩の 身もこがれつつ

松帆の浦の夕なぎの時に焼いている藻塩のように、私の身は来てはくれない人を想って、恋い焦がれているのです。

定家1_どやっ.png
式子さん.png

式子内親王

​しきしないしんのう

89首

玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば
忍ぶることの よわりもぞする

我が命よ、絶えてしまうのなら絶えてしまえ。このまま生き長らえていると、堪え忍ぶ心が弱ってしまうと困るから。

内親王1_ふーん?.png
義孝くん.png

藤原義孝

ふじわらのよしたか

50首

君がため 惜しからざりし 命さへ
ながくもがなと 思ひけるかな

あなたのためなら、捨てても惜しくはないと思っていた命でさえ、逢瀬を遂げた今となっては、(あなたと逢うために)できるだけ長くありたいと思うようになりました。

義孝1_おつかれさま.png
相関図_50.jpg

藤原兼輔

ふじわらのかねすけ

27首

みかの原 わきて流るる 泉川
いつ見きとてか 恋しかるらむ

みかの原から湧き出て、原を二分するようにして流れる泉川ではないが、いったいいつ逢ったといって、こんなに恋しいのだろうか。(一度も逢ったことがないのに)

兼輔くん.png
兼輔1_OK.png
和泉ちゃん.png

和泉式部

いずみしきぶ

56首

あらざらむ この世の外の 思ひ出に
今ひとたびの 逢ふこともがな

もうすぐ私は死んでしまうでしょう。あの世へ持っていく思い出として、今もう一度だけお会いしたいものです。

和泉1_ラブラブ.png
相関図_56.jpg

柿本人麻呂

かきのもとのひとまろ

3首

あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の
長々し夜を ひとりかも寝む

山鳥の尾の、長く長く垂れ下がった尾っぽのように長い夜を(想い人にも逢えないで)独りさびしく寝ることだろうか。

柿本1_いいね.png
柿本くん.png
忠岑くん.png

壬生忠岑

みぶのただみね

30首

有明の つれなく見えし 別れより
暁ばかり 憂きものはなし

有明の月は冷ややかでそっけなく見えた。相手の女にも冷たく帰りをせかされた。その時から私には、夜明け前の暁ほど憂鬱で辛く感じる時はないのだ。

忠岑1_ふぁいと.png
相関図-忠岑くん.jpg