百人一首【うたあわせ漫画 9】50首 義孝くん

こんにちは、おもいびとのやよいです。

うたあわせ漫画第9弾は、藤原義孝(ふじわらのよしたか)の歌を紹介・解説します。


百人一首 第50首

「君がため 惜しからざりし 命さへ 長くもがなと 思ひけるかな」


義孝くんは「今後もこのような人は現れないだろう」とほめたたえられたほどの美男で、中古三十六歌仙にも選ばれた優れた歌詠みでした。百人一首42番作者の・清原元輔や源順らの歌人との交流が知られています。

心優しい人柄で、子供はあの有名な藤原行成(ゆきなり)です。

ところが2年後、天延2年(974年)の9月16日、大流行した痘瘡(ほうそう:天然痘)にかかってわずか21歳の若さで亡くなりました。

実は自分の短命を予感していて、出家の思いも強かったと言われています。

だからこそこのような歌を詠んだのでしょうか。まっすぐな愛を伝えているこの歌が、どこか切なく感じられてしまいます。



うたあわせ公式Shopでうたあわせの商品を販売しています!

うたあわせを初めて知ってくださった方は「うたあわせプロジェクト公式サイト」をご覧ください♪

▶︎ うたあわせプロジェクト公式サイト

▶︎ うたあわせ公式グッズショップ


うたあわせLINEスタンプ第1弾発売中!

▶︎ うたあわせLINEスタンプ


うたあわせLINEスタンプ第2弾も発売中!

▶︎ うたあわせLINEスタンプ2


うたあわせ最新情報は各SNSもあわせてご確認ください。

▶︎Twitter

▶︎Instagram

▶︎Facebook


#百人一首 #和歌 #藤原義孝 #創作 #漫画 #藤原行成 #君がため #イラスト #平安 #恋愛 #短命 #競技かるた #デザイン #中古三十六歌仙 #歌合 #物語