百人一首【うたあわせ漫画 8】30首 有明ちゃん


こんにちは、おもいびとのしわすです。


【 うたあわせ漫画 8 】の今回は有明ちゃん(壬生忠岑)の歌、

30首「有明の つれなく見えし 別れより 暁ばかり 憂きものはなし 」を紹介します!





ふと空を見上げて見えた明け方の月が、昔自分に別れを告げた恋人のようにそっけなく冷たい印象で

いつも明け方は辛くなります。という自身の気持ちを歌った歌です。


壬生忠岑は9世紀後半から10世紀前半ごろの人で、特別身分が高かったわけではありませんが、その才を評価され三十六歌仙の一人でもあります。


いつもは作者をキャラクターにしていますが、有明ちゃんは相手の女性をキャラクターにしました。

この歌をイラストにするとなったときに、月と女性を重ねるような構図が真っ先に浮かんだためシンメトリーで月と有明ちゃんが強調される構図で制作しました。





グッズも続々販売開始しています!

引き続き新情報を発信していきますのでお楽しみください。




LINEスタンプ第一弾発売中!

▶︎ うたあわせLINEスタンプ


LINEスタンプ第二弾も発売中!

▶︎ うたあわせLINEスタンプ2


下のうたあわせ公式サイトURLから、うたあわせのその他グッズが購入できます!ぜひご覧ください!

▶︎ うたあわせWEBサイト

▶︎うたあわせ公式shopサイト


SNSも更新していきますので、合わせてご確認ください。

▶︎Twitter

▶︎Instagram

▶︎Facebook


デザインで今を変えたい。

NFORCE Inc.