一期一会の「そら」

こんにちはNFORCEのあずきです。

最近は太陽に会えない日々が続いていますが、今回は「そら」の話をしたいと思います。

私はそらが好きでよく見上げます。


全く同じそらの表情と出会うことはできず、偶然が重なったその時だけのそらの表情ってとっても素敵ですよね。当たり前のように見ている青空、皆さんはどうして青いか考えたことありますか?大気中の粒子が青いわけではなく、その粒子に太陽の光が当たり散乱する事で空が青く見えるのです。

太陽光は虹の7色の光が集まって白い光になっています。そのうちヒトの目に見える光の中で青が一番波長が短く沢山の粒子に当たるため、他の色より多く散乱し私たちの目には青い光が目に届くのです。また夕焼けや朝焼けもとても綺麗ですね。同じ赤にも色の幅があって、つい足を止めてカメラを構えてしまうことも。

そらが赤く焼けるのも基本的には青空と同じ原理です。ですが青空の昼間より夕方や朝方の方が、私たちと太陽の距離が長くなります。

そうすると波長の短い青い光は私たちのに届く前に散乱しきってしまい、波長の長い赤い光が強く私たちの目に届くため夕焼けは赤く見えるのです。太陽光という目に見えているようで見えていないような、そんな曖昧なものが産む綺麗な「そら」。ヒトの干渉が少ない自然で一番近くにあり、誰でも見ることができる「そら」に私はすごく魅力を感じます。

様々な悩みや忙しい毎日の中で、ふとそらを見上げてみてほしいと思います。

その時にしか見ることのできない「出会いの朝焼け」を、写真に収めるため朝早起きするのも良いのでは。

NFORCE Inc,


参考記事:フォトグラファン

  • ホワイトFacebookのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ホワイトTwitterのアイコン

このWEBサイトは弊社の作品集として制作しており、掲載されている写真の著作権、及び肖像権等の許可は得ておりません.。不都合がございましたら削除、変更いたしますのでご連絡ください。関係者各位のご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

Copyright © 2007-2020 NFORCE All rights reserved.

  • ブラックFacebookのアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン
  • ブラックTwitterのアイコン