アニメーション

こんにちは、エヌフォースのあずきです。


学生の頃、私はアニメに夢見て趣味で自作アニメーションを制作していました。

初めは小学生の頃から「うごくメモ帳」という任天堂3DSのソフトで小さな画面の中に拙いアニメーションを描いていました。

最初はどうして良いかわからず、オンラインでアップロードされている他の人の作品を研究していました。試行錯誤して出来た最初の作品はBGMが入っているわけでもなく、少女の髪が風にたなびいたりすることはなく、ただ表情だけが変わるシンプルなものでした。

それでも自分の描いたイラストを「動かせた」というスキルの達成感と

動き出したキャラクターが生きているような感覚に気持ちが昂ったのを覚えています。


高校生でも描き続け、一番環境が変わったのは専門学校の頃です。

AdobeのPhotoshopでアニメーションが描けることを知り、授業の合間も一生懸命同じ構図を何枚も何枚も描いていました。

在学中までに「アニメを作りたい」と思っていましたが、私が想像するよりもずっとずっと時間がかかる大変な作業で、卒業の頃に2、3分程度の歌解釈動画が完成できました。

その一本が、YouTubeやSNSですごく反応がもらえたわけでは無いですが、最後まで描き切ったことでその後のイラストやアニメーション制作を続ける貴重な経験になりました。


今ではイラスト制作ソフトCLIP STUDIO PAINTを使用して、秒数の短いアニメーションの制作を続けています。

また社内でもアニメーションを制作する機会をいただき、幼い頃からの自分の趣味が仕事に生かせています。




デザインで今を変えたい

NFORCE