うたあわせプロジェクト vol.18 第20首 元良親王【後選集】

こんにちは、おもいびとの“しわす”です!


今回は、自分の身を削ってでも思いびとに会いに行くと言う強い意志が伝わってくる歌です。


第20集 元良親王(もとよししんのう【後選集】


『わびぬれば 今はた同じ 難波なる みをつくしても 逢はむとぞ思ふ』



歌の解説

これほど思い悩んでしまったのだから、今はどうなっても同じことだ。難波の海に差してある澪漂ではないが、この身を滅ぼしてもあなたに逢いたいと思う。


身を尽くし は、「澪漂(みおつくし)」と「身を尽くす」の掛詞です。澪漂は海に建てられた船用の標識で、大阪市の市章と同じ形。「身を尽くし」は「身を滅ぼす」という意味です。



作者の解説

陽成天皇の第一皇子で風流好色として知られ、大和物語にも登場します。今昔物語には、「いみじき好色にてありければ、世にある女の美麗なりと聞こゆるは、会ひたるにも未だ会はざるにも、常に文を遣るを以て業としける」と書かれるほどでした。京極御息所(きょうごくのみやすんどころ)、すなわち宇多法皇の女御藤原褒子(ほうし)との熱愛が広く噂になりました。



【しわすからヒトコト】

どうせもう十分に傷ついているし、行っても行かなくても傷つくのならこの身を尽くしてでもあなたに会いに行きます。と言う強い気持ちを表現するために、立ち構図でずんずん歩いていく様子を描きました。服や絆創膏などをを描くことで、すでに傷だらけであることが見えるようにしました。


参考サイト:https://ogurasansou.jp.net/columns/hyakunin/2017/10/17/1057/


うたあわせWEBサイト


デザインで今を変えたい。

NFORCE Inc.