うたあわせプロジェクト Vol.09 第30首 壬生忠岑【古今集】


こんにちは、おもいびとしわすです。

「うたあわせプロジェクト」Vol.09の今回は 第30首 壬生忠岑【古今集】 「有明の つれなく見えし 別れより 暁ばかり 憂きものはなし」を紹介します。



現代語訳をすると

「有明の月は冷ややかでそっけなく見えた。相手の女にも冷たく帰りをせかされた。

その時から私には、夜明け前の暁ほど憂鬱で辛く感じる時はないのだ。」


解説

明け方の空に見えた月が素っ気なく思えたように、相手の女性が冷たく帰ってしまったその日以来

明け方ほど辛いものはありません。



今回のイラストはうたを詠んだ本人ではなく、歌中の冷たく帰ってしまった女性と月を重ねて

シンメトリー的な構図で制作しました。

私の中で、「彼女は月から来た女性」という設定にしてみました。

月といえばやはり「うさぎ」

ヘアスタイルはツインテール。どこか現代的でもあり未来的な和装女性を組みあわせ、別世界から来たどこか神秘的なイメージに。男性から女性の家へ出向くのではなく、今回のうたはその逆。

そんな行動に私は意志の強さを感じ、凛とした表情で描きました。


うたあわせWEBサイト


デザインで今を変えたい。

NFORCE Inc.