うたあわせプロジェクト Vol.03 第13首 陽成院【後撰集】

こんにちは、【おもいびと】の しわす です。


「うたあわせプロジェクト」Vol.03 今回の投稿は

第13首 陽成院後撰集】 「筑波嶺の 峰より落つる 男女川 恋ぞつもりて 淵となりぬる」

のイラスト完成までの動画です。





作者の陽成院は第57代天皇として9歳で即位しましたが、病のため17歳で譲位しました。

陽成院は天皇を譲位した後の名前です。

このうたは、のちに妻となる綏子内親王(すいしないしんのう)に宛てて詠まれたとされていて、

当時はまだ陽成院の片思いでした。


現代語訳すると、筑波山の峰から流れ落ちるみなの川が、やがて深いよどみとなるように私のあなたへの恋心も、積もり積もって今では深い想いのよどみになってしまいました。となります。


「筑波」は常陸国(現在の茨城県)の筑波山のことで、昔からよく歌に詠まれました。

だんだんと深くなる恋心を、山から流れ出て徐々に太く深くなる川の流れを重ね合わせ、募っていく恋心が表現されています。恋が叶うまでの切ないうたとして昔から親しまれてきました。


この歌のイラストを考える際、真っ先に流れと一緒に落ちていく構図が浮かびました。

淵というのは川の流れが溜まって深くなっているところのことを言います。

ただ地面がもともと深いところに落ちていくのではなく、相手への様々な恋心が絡まって溜まっていって

深くなっていく、というイメージで制作しました。


引き続き、令和版百人一首制作過程の様子をお楽しみくださいませ。


NFORCE Inc.


Instagram▶︎「うたあわせ」 

Twitter▶︎「うたあわせ」


#デザインで今を変える #後撰集 #うたあわせ #おもいびと #イラスト #デザイン #illustration #design #Japan #デザフェス #恋心 #陽成院 #百人一首 #嫉妬 #片思い #筑波